フリーマーケットは新しいワクワクとの出会い、週末はフリマへ行こう!

現在のフリーマーケットイベント件数:5,742件

初めてのフリマ出店術

フリマの達人が伝授@フリマはこうやる!

服装・・・動き易く、清潔感のあるものを

荷物の上げ下ろしや、ディスプレイなど動く事の多いフリマでは動き易い服装が基本。更に屋外フリマなら着脱の容易な服装がベスト。

また、お客さんの中には品物を選ぶ時に、出店者の身なりに注目されている方もいるので好印象を与える清潔感のある服装が良いようです。

フリマ会場では、自分の持ち物の管理は基本中の基本。万引や盗難を防止するために金銭や貴重品は必ず身につけるように心がけましょう。盗難防止にはポケットのたくさんついたエプロンやウエストポーチ等の利用が有効です。

フリーマーケット当日の流れ

□9:00~ 準備 荷物の搬入 とディスプレイ 会場により違いはありますが搬入の指定 時間内に到着します。

□10:00~ 開場  お客さんのピークは午前中に集中します。 洋服やディスプレイした商品はコマめに並べ、整えます。

□12:00~ 開催終了 午後になり人も少なくなってきたら値下げをしてみましょう。帰る時にはゴミは持ち帰ります。

フリーマーケット成功のカギ

◇出店場所に到着したら、両サイドの出店者に挨拶をしましょう。

◇お客さんにはどんどん声をかけましょう。商品を手に取っただ けでは、なかなか商品の良さは分からないものです。用途や自分がどんな時に利用した物なのか、自分だけが知っているその商品の良さをどんどんアピールしましょう。

◇出店中はこまめに商品を並べ直 し、見やすくきれいにを心がけましょう。

ディスプレイ・・・売りたい主力商品はなるべく手前にディスプレイ

ディスプレイは個性が現れます。キャンプ用のテーブルなどを使って、きれいに並べる出店者や独自にディスプレイ棚を用意している出店者もいますが、まずは持ち運びが簡易なレジャーシートに商品を並べましょう。お客さんは品物を見る時に足元に並んでいる商品から目を向けるようです。

高額な商品は盗難を防止するためにも奥の方へ並べるようにしますが、「今日はこの商品をぜひ売りたい!」という主力商品は前の方に並べた方がお客さんが手に取ってくれて、売れる確率が大きいようです。

フリマの準備の時におさえておきたい備品のチェックリスト

最低限必要なアイテム
□レジャーシート(商品を並べます)
□両替用の小銭(おつりに必要!)
□セロテープ/布テープ(値段つけやディスプレイなどに必要!)
□ビニール袋/紙袋(商品の包装やゴミ入れにも)
□紙・筆記用具(何かと必要な場面が・・・。)

最低限必要なアイテム
□ハンガーラック(ディスプレイにあると便利)
□スズランテープ
□ハサミ
□電卓
□折りタタミ鏡
□メジャー(外国サイズ表記の場合には便利)
□新聞紙(食器などの梱包に便利)
□台車/キャリー(駐車場が遠い場合は便利)※最近は貸し出してくれる主催者もいますよね♪
□キャンピングテーブル(ディスプレイに便利)
□キャンピングチェア(動作がし易い)
□帽子(日焼け・日射病防止)
□パラソル(夏季)(炎天下でのフリマには熱中症防止に一役)
□スリッパ・ひざ掛け・座布 団・カイロ(冬季)(冬時期の屋外フリマでは寒さ対策に重宝です♪
□昼食・飲み物・お菓子(会場によっては、食べ物の調達が難しいところも)
□ウェットティッシュ


手づくり市ガイド

最近閲覧したイベント

主催者一覧
会場一覧
メルマガ登録